ご訪問ありがとうございます.
感謝感激のスポパパです。

記事はこの下にあります。

2011年06月01日

菅首相にあわてふためく政治家が笑える

震災特需がいつまでたっても自分のフトコロに入んないもんだから
小沢さんも自民党さんも、業を煮やしたみたいですね((笑)


そりゃそうだ。

菅さんは市民運動家あがりだから
2世3世娘婿とか親戚筋で固めてる「家業が政治家」さんたちには
異世界の人間でしかないでしょーし。

たとえ野党でも地元有力政治家さんには良い思いさせるなんて
「あうんの呼吸」は分かないでしょうしね。


特に自民さんは原発利権どっぷりだから
原発を冷遇しようとしている菅さんはゆるせない存在でしょ。


本来、原発を数十作って、ン兆円って利権できるはずなのに
それがそのまま「メガソーラ」なんてものに使われようとしてるんですから。


その利権が、原発と違って旧財閥系でもなんでもない
ソフトバンクなんて若造に奪われようとしえるんですから。


さらに電力会社を弱体化させる発電・送電・小売りの分離をしようとしてるんですから。


そりゃー自民党さんは、利権団体から突き上げられてるでしょうねぇ(笑)


なんとか彼を「愚かな首相」にしたてあげて引きずり落とすつもりみたいですが
裏の思惑がミエミエですな。




でも政権交代した、誰の子どもでも親戚でも娘婿でも無い人間が首相になった。

この時点で、「日本の政治が根底から変わった」ってのが分からないんですかねぇ?



昔から改革は「若者」「よそもの」「馬鹿者」がすると言われてます。


「ご親戚政治家」グループからみれば、
市民運動家あがりの菅さんはまさに「よそもの」

しかも昔ながらの根回しなんてしない「馬鹿者」ですからー!


せいぜいあわてふためけばいいんです。



あー、おもしろい。
ラベル:菅首相
posted by スポパパ at 21:01| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポ少パパの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

↓今日の記事は、ここから(^o^)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。